外国の絵本 <
あめがふるときちょうちょうはどこへ
あめ、あめ、あめ、あめ。
あめが ふるとき、
ちょうちょは、
どこへ いくのかしら。



想像、してごらん・・・?




おだやかな雨の日の色。
青味のある、やさしいグレー。

雨の日のおしゃべりは、雨音といっしょ。
ぽつ、ぽつ、ぽつ、ちいさく、ささやくような声で。

雨の日のこころは、窓のそとへ。
あの子はどうしているのかな・・

そんな、気持ちのおだやかな雨の日に
とても、よくあう絵本です。


あめ、あめ、あめ、あめ。
あめがふるとき、
ちょうちょうは、
どこへいくのかしら。

もぐらは穴にかくれます。
みつばちは巣にかえります。

ことりは?ねこは?
へびは?ばったは?

みんな、どこへいくのかしら・・

静かなことばの流れに、こころを遊ばせて
雨の日の動物たち、虫たちのようすを、そっとのぞいてください。

小さな疑問にふわふわと導かれて
雨の日のふしぎなお散歩へ・・
何度でもでかけたくなる、詩のような味わいの絵本です。

ほんとうに
あめがふるとき、ちょうちょはどこにいるのでしょうね。 


・・・

ひみつを、教えてあげましょうか。

わたしは、見たことがあるんです。
夏、突然どしゃぶりの雨が、降ってきたときに。



雨がふるとき、ちょうちょうは、本屋さんにいることも、あるんですよ。



「あめがふるときちょうちょうはどこへ」

メイ・ゲアリック 文 レナード・ワイスガード 絵 
岡部うた子 訳  金の星社 1050円